歯の黄ばみを市販の歯磨き粉で落とす方法

 

 

 

人には誰でも身体的なコンプレックスがあるでしょう。
生まれ持っての顔面はもちろんのこと、ハゲ・デブ・チビはその代表です。

 

また、目がちっちゃい、胸がちっちゃい、どっかもちっちゃいなど男女問わずに悩みは尽きません。
あなたはモテない理由をそれらのせいにするでしょう。

 

 

ですが、コンプレックスには2種類あります。

 

 

整形などを除いて、顔の作りや身長・貧乏などすぐ直せないことと、ヘアスタイルや服装・体臭などのすぐに直せることです。

 

 

あなたはすぐに直せないことに悩みすぎて、すぐに改善できることを放置していませんか?
その中でも、「歯の黄ばみ」は清潔感に大きく影響し、口臭も改善される上に比較的早く効果が出ます。

 

 

 

 

「歯が白い」というだけで清潔感が増し、印象が格段に良くなるのです。
さあ、どうにもならないことにいつまでも悩んでないで、今すぐ出来ることから始めましょう!

 

 

自宅でホワイトニングするならちゅらトゥースホワイトニング

 

 

 

市販の歯磨き粉でも歯の黄ばみは落とせるのか?

 

歯の黄ばみを白くする、いわゆるホワイトニングですが、その方法は様々です。

 

例えば歯医者さんに実際通うオフィスホワイトニングや歯医者さんで処方してもらった専用のマウスピースを使用するホームホワイトニングなどがあります。ですがネックとなるのは予算と時間の問題でしょう。

 

 

 

そこで市販の歯磨き粉で歯の黄ばみを落とす方法はあるのでしょうか?

 

 

歯を白くする「薬用 ちゅらトゥースホワイトニング 」特徴

 

沖縄で生まれたちゅらトゥースは、口コミでも話題となっている薬用ホワイトニング製品です。

 

 

歯に良いとされるリンゴ酸やビタミンC等が配合されていますが、最も注目されるべきなのはPAA(ポリアスパラギン酸)です。PAAはホワイトニングを行う専門の歯科医でも使用されることの多いとされる成分で、アミノ酸のアスパラギン酸が繋がったものとなっています。この複数の結合した分子が汚れを吸着して剥がし取ることで付着した汚れや黄ばみを落として、元からある自然な白い歯にしてくれます。PAAには再付着を防ぐ働きもあるのですが、そこに着色汚れを付きにくくするというリンゴ酸が加わることで、長期的なホワイトニングが可能です。

 

 

また、ウーロン茶抽出物とポップエキスから配合されたGTOと呼ばれる成分は、虫歯菌の働きを阻害する作用を持つことから、虫歯や歯周病、口臭などの予防にも効果を発揮します。

 

他にも歯茎の腫れや炎症を抑えるアラントイン、口内の雑菌を退治して口臭を予防するシメン-5-オールが配合されています。歯を白くするためのホワイトニング製品ですが、虫歯や歯周病の予防、口臭を抑えたり、総合的な口内のメンテナンスをしてくれるのがちゅらトゥースの特徴です。

 

 

 

自宅でも歯の黄ばみを落とせる【医薬部外品】歯磨き粉

 

モテない理由は歯の黄ばみ?|市販の歯磨き粉での落とし方

 

 

話をしている時や笑顔を見せる時、視界に入るのが歯です。歯が黄ばんでいるのが嫌という方も多いでしょう。歯の黄ばみには、食べ物の影響が強いと言われています。赤ワインやコーヒー、お茶などの色が長年蓄積されて黄ばみになる、タバコのヤニが歯の表面に蓄積されたりは聞いた事があるかと思いますが、ベリーやウーロン茶、チョコレートなどでも着色汚れが蓄積されていきます。

 

 

落とし方としてよく言われるのがメラニンスポンジで擦るというものですが、この落とし方には欠点があり、研磨力が強すぎて歯の表面が削れてしまうのです。歯の表面は硬い材質で覆われていますが、その内側は非常に柔らかい材質で構成され、一番奥には神経が通っています。一番表面を削ると、虫歯になりやすい、逆に黄ばみやすくなる、などのデメリットがあります。

 

 

黄ばみを落とす方法は、まず黄ばみを着きづらくする工夫が必要です。コーヒーや赤ワインなどの飲み物を飲んだ後、口をそのままにせず、早めにうがいをしましょう。

 

 

歯磨き粉は、ホワイトニング効果のあるものを選びます。歯の繊維は縦方向なので、歯磨きの際は縦に動かします。歯並びが悪い場合などには特に、歯の隙間は色が残りやすいため、丁寧に磨きます。力を入れすぎると傷が付くので、軽く持つようにしましょう。ホワイトニング効果のある歯磨き粉は汚れを浮かせて除去するため、丁寧に磨くよう時間をかけて歯磨きをするよう心がけましょう。